女性たちよ、今こそお顔そり理容師になりませんか‼︎

将来の目標、経営計画、立てていますか?

ありがたいことに、今年も補助金がいただけることになりました。


岐阜県中津川市の理容師、安江満子です。

理容師になることで、ひとりでも多くの女性が前向きに生きられるように・・・

そんな願いを込めて書いています。


「小規模事業者持続化補助金」ご存知ですか?

経営計画を作成し、その計画に沿って地道な販路開拓等に取り組む費用の2/3が補助されます。上限額は50万円!

たぶん来年度もあると思いますので、興味のある方は調べておくといいですよ。

http://h29.jizokukahojokin.info ←今年度の募集要項です。参考まで。


で、今回は補助金の紹介ではなく、その時に提出する経営計画書についてです。


皆さんのお店は経営計画を立てていますか?

お恥ずかしい話、私は補助金の書類作成時に初めて書きました。


シェービングアカデミーで経営について学んでいましたので、難しい書類も比較的スムーズに書けました。業績も上がってきていたのも良かったかと思います。

アカデミー入学前でしたら、ざっくりと?漠然と?した経営で、明確なものはなく、行き当たりばったりだったので、補助金がいただけるような書類が書けたかどうか・・・


経営計画を書くことで、自店のことが客観的に捉えられ、どのような方向性で経営をしていくのがベストなのか明確なビジョンを見ることが出来ました。

自店の強み、弱みを知ることは大切です。

一度じっくり自店について向き合ってみてはいかがですか?

よろしければ参考にしてみてください。


提出書類の内容は↓

・企業概要

・顧客ニーズと市場の動向

・自社や自社の提供する商品・サービスの強み

・経営方針・目標と今後のプラン

・今後の設備投資計画


簡単に噛み砕いていいますと↓

・創業から現在まで、こんなお客様がご利用され、こんな歴史がありますよ

・こんな事業をしてまして、こんなサービスがありますよ

・こんな考え方で仕事してますよ

・主なお客様はこんな方々です

・お客様のニーズはこんな感じです

・世の中のニーズはこんな感じです

・現在の経営状況はこんな感じです

・こんなところが課題です

・強みは、これです

・弱点は、ここです

  ↓  これらを踏まえて

・こんなお店にしていきたいです

・こんなサービスを提供したいです

・なん年後にはこんな店に変わっています

   ※補助金の参考にはなりません


F22シェービングスクールでは、技術だけでなく、経営についてもお伝えしています。

女性たちよ、今こそお顔そり理容師になりませんか‼︎

ライフスタイルが変化しやすい女性にとって、理容師の仕事は対応しやすい職業です。 更に、女性のお顔そりを取り入れることで最強の職業となります。

F22シェービングスクール

:お顔そり美容法習得コース:

約6ヶ月間、6回(約33時間)に渡り、お顔そりの技術から皮膚理論、経営方法まで学べるコース

お問い合わせ・スクール詳細

31年2月からは、少人数にて対応

31年4月〜10月は、合同スクール開催

0コメント

  • 1000 / 1000